ブログ記事の「ネタ切れ」原因と解決策10選 >>>

【初心者向け】ブログ記事の『ネタ切れ』原因と解決する10つの対策

こんにちは!ちんたな(@chin_ta7)です。

悩み人

・ブログを書きたいけど「ネタ」が切れて書くことが無い。
・ブログネタの探し方を知りたい。

こういったお悩みを解決します。

この記事でわかる事

  • ブログのネタが切れる原因を解説
  • ブログ記事を書く前に理解した方が良い事
  • ブログのネタ切れになった時の解決法を10つ紹介

本記事を読んでもらえると
ネタ切れが起こる原因とブログのネタ切れが起きた時に解決できる10つの解決方法が理解できます。

ちんたな

解決法の中には、あなたにぴったりな解決法が必ずあるので
読んでもらえればすぐにでも1記事書けるようになると思います。

目次

ブログのネタ切れになる原因って何?

ブログのネタ切れになる原因はいくつか考えられます。

私もネタ切れになったことがありますし、トップブロガーもなった事があるとおもいます。

ブログのネタ切れしません!って言う方もいますが
いろいろ経験や勉強をして、現在はネタ切れが起こらなくなったという「結果」だと思います。

「ブログのネタ切れ」というのは過去を振り返れば誰もが苦しんだことだと思いますよ。

なのでまずは原因を探りましょう。

ブログのネタ切れ原因
  1. ブログの「ジャンル」選びが合っていない
  2. インプット不足
  3. 読者の事を考えれていない
  4. ネタがあるのに気付いていない

上記のようなことが考えられますので、詳しく解説していきます。

ブログの「ジャンル」選びが合っていない

そもそも、あなたの好きなジャンル、得意、詳しいジャンルで運営しているでしょうか?

『稼げそうなジャンル』といった点でジャンル選びをしているのであれば、おすすめできません。

おそらく、すぐネタ切れになります。というのも、興味が無いジャンルで勝負しても継続しません。

ジャンルは今からでも変更しても全然問題ありません。

好きなジャンルや友達よりも少しだけ知識があるジャンル。ってくらいのレベルでいいので
ジャンルを見直してみてはいかがでしょうか?

インプット不足

インプットできてますか?

アウトプットするには、インプットが必要です。

誰かに何かを伝える、教えるにはインプットをしないとアウトプットできません。

後ほど、ネタ切れの解決法でインプット方法もいくつか解説しているので
最後まで読んでみてください。

読者の事を考えれていない

あなたのブログにはどんなユーザーが来ていますか?

どんな検索でアクセスされていますか?

どのような年齢でどんなことに興味はある読者さんですか?

アクセスしてくれている読者さんを調査して深堀するのは効果的です。

きっと、過去に書いた記事の関連記事も書けるのでSEO的にも良いですよ。

ネタがあるのに気付いていない

昨日何しました?一昨日って何してました?

その時に「気づいた事」「体験した事」「経験した事」

それを記事にしてもいいんです。

誰かにとっては経験済みだけど、他の誰かにとっては未経験だったりします。

「購入した物」を紹介する記事でもいいし
昨日食べに行ったレストランを紹介する記事でもいいです。

自分を掘ってみると、ブログネタは見つかりますよ。

ネタ切れの解決法を知る前に理解した方が良い事

ネタ切れの原因を理解したかと思いますが
ネタ切れの解決法を知る前に理解した方が「より良いブログネタ」を探せるコツを解説します。

検索エンジンを理解するべき

ユーザーがネットで調べ事をする時に使うのが
Googleやyahooなどの検索エンジンです。

検索上位に来るのは【ユーザーの悩みを最も解決できる記事】を
Googleなどのシステムで優先的に上位表示させているのは知っていましたか?

この仕組みを理解しないと、せっかくブログネタを見つけて記事を書いても
上位表示されないので、アクセスが増えません。

検索で上位表示される為には

検索で上位表示されるためには
【ユーザーの悩みを最も解決できる記事】を書くしかありません。

お金を払えば上位表示することも可能ですがそれは本質的ではないので省きます。

【ユーザーの悩みを最も解決できる記事】を書くためには
『キーワードを意識すること』と『上位表示されている記事よりも質の高い記事を書くこと』です。

キーワードを意識すること

あなたは本記事にどういう『検索キーワード』でアクセスしましたか?

【ブログ ネタ 切れ】もしくは近しいキーワードでアクセスしてませんか?

実際、この記事は【ブログ ネタ 切れ】というキーワードを意識して書いていますし
このキーワードでアクセスしてもらう為にいくつものテクニックを使っています。

キーワードを意識して記事を書かないと
検索で上位表示されにくいので【キーワードを意識して記事を書く】ことを必ずしてください

上位表示されている記事よりも質の高い記事を書くこと

最初に言いますが、キーワードを意識するだけでは上位表示されません。

既に上位表示されている記事よりも【質の高い記事】を書かないとダメです。

ユーザー

質の高い記事ってどういうこと?

質の高い記事とは【ユーザーの悩みを解決する記事】です。

この記事を書く為には、検索キーワードで上位表示されている記事を
徹底的に読み込んでください。

そして、その記事より更にユーザーの悩みを解決する内容を書きます。

  • 見やすさ(サイトの構成、サイトの表示スピード)
  • わかりやすさ(説明文章、画像や図解、装飾など)

この2点を気を付けて、他の記事よりも【ユーザーの悩みを解決する記事】を書いてみてください。

きっと上位表示されるはずです。

ブログのネタ切れになった時の解決法を10つ紹介

では、本題のブログのネタ切れになったときの解決法を10つ紹介していきます。

ブログのネタ切れになった時の解決法を10つ
  1. ジャンルに合った悩みを探す
  2. 同じジャンルのブログ・サイトから探す
  3. 自分の得意分野から探す
  4. 自分の悩みから探す
  5. 体験談、経験談から探す
  6. 勉強から探す
  7. ニュースサイトから探す
  8. 商品から探す
  9. キーワードから探す
  10. 過去の記事から探す

上記10つです。より詳しく解説していきます

ジャンルに合った悩みを探す

あなたのブログのジャンルから探してみましょう。

そのジャンル内での悩みを持っているユーザーを探せば早いです。

悩みを持っているユーザーの探し方
  • Yahoo!知恵袋で探す
  • Twitterで探す

Q&AサイトやTwitterなどのSNSで悩んでいるユーザーを探してみてください。

そして解決記事を早速書いちゃいましょう。

同じジャンルのブログ・サイトから探す

あなたが運営しているブログと似たようなブログはありませんか?

そのブログにお邪魔してネタを探してみてください。

丸っとパクってしまうことはNGです。

記事の構成などを参考にするのは問題ないので参考にしてみてください。

そして、その記事よりも【質の高い記事】を意識して書くことができれば尚良いですね。

自分の得意分野から探す

運営しているジャンルが得意分野なのであれば問題ないと思いますが
例えば、運営ブログは【筋トレ】について記事を書いているけど
得意なのは料理の場合、料理も書いちゃえばいいんです。

筋トレ好きがおすすめする『筋肉を維持する男の料理』なんて記事があれば
気になりますよ。

得意分野を改めて考えるとネタが出ると思いますよ。

自分の悩みから探す

自分の悩みからネタを決めるのもおすすめです。

過去に悩んだことや最近悩んだこと
些細な事でもいいので、あなただけの悩みと思わないでください。

きっと、日本のどこかにいる他の人も悩んでいることだと思いますので
解決策などをわかりやすく書くのをおすすめします。

体験談、経験談から探す

先ほど、前述してましたが
体験談、経験談を記事にするのもおすすめです。

同じ体験をしている人はその体験に対して悩みなんてないはずですが
初めて体験する方はドキドキしちゃって検索エンジンで悩みを検索してます。

そのお悩みユーザーに向けてあなたの体験を記事にするのはとてもいいです。

体験して感じたこと困ったことを
わかりやすく記事にしてあげれば尚良いですね。

勉強から探す

今、勉強していることってありませんか?

いや、あるはずです。ブログ運営している人であればきっとあります。

記事を書く上で知らなかったことをインプットして
知らない誰かにブログ記事でアウトプットすればいいんです。

私は、毎朝ブログ運営やマーケティングに関して勉強しています。

でも、朝の30分~1時間くらいです。

それでも
これからブログを始めたいって人、始めたばかりの人よりは知識があるので
こうやって記事も書けることができます。

あなたがインプットしたことは立派なブログネタですよ。

ニュースサイトから探す

世の中にはいろんなニュースが飛び交っていますよね。

ニュースの中からあなたのブログジャンルにあったニュースを
インプットしてあなた解釈の仕方+持ってる知識を組み合わせて記事にしましょう。

ニュースサイトはブログネタの宝庫ですよ。

ちんたな

ちなみに私が愛用しているニュースアプリ【スマートニュース】です。
このアプリ1つでいろんなジャンルのニュースが見放題なので超便利。
もちろん無料なので使ってない人はお試しあれ。

スマートニュース

スマートニュース

SmartNews, Inc.posted withアプリーチ

商品から探す

あなたの持っているおすすめのアイテムありませんか?

最近購入した物でもいいですし、過去に購入した物でも大丈夫です。

良かった点をわかりやすくまとめておすすめ記事を書いてみてください。

アフィリエイトを扱っているASPからブログネタを探すのも手ですよ。

A8.netの会員登録は審査なしで登録できるし、最低支払額が1,000円とハードルが低いから
初心者ブロガーにとって大変嬉しいASPです。取り扱い案件数も業界最多ですよー

初心者ブロガーさんで物販(商品紹介)をしたいと思っている方におすすめのASPです。
Amazonアソシエイトに落ちた人でももしもアフィリエイト経由だと受かりやすいなんて話もあるので是非。

初心者ブロガーさん必見。審査なしですぐ始めれます。登録も3分くらいで終わります。
しかも業界でもあまり例のない報酬1円~支払いしてくれるという事で即金性抜群なのがマネートラックの魅力

キーワードから探す

もしこの『キーワード』で記事を書きたいと思う
『キーワード』があるのであれば、関連キーワードも探してみましょう。

ブログネタを探すなら鉄板の検索方法です。

関連キーワードの探し方

筋トレで検索するとこんなにも関連キーワードが見つかります。

https://related-keywords.com/result/suggest?q=%E7%AD%8B%E3%83%88%E3%83%AC

ちなみに便利すぎるー!と思い、検索しすぎると使用回数に制限があるから使えなくなります。

ちんたな

右上の新規登録をすれば使用回数が無制限になるよ。
しかも無料だし、メルアドを入力するだけだから楽ですよー

過去の記事から探す

すでに書いた既存の記事から探してみてはいかがでしょうか?

既に書いた記事のキーワードを摘出して
上記で紹介した『ラッコキーワード』(旧:関連キーワード作成ツール)を使用すれば楽に探せますよ。

関連記事が書ければ、内部リンクで記事の内容に厚みもでるのでSEO的にも効果ありますよ!

まとめ:ブログのネタ切れがなくなったら記事を作成

ブログのネタは見つかりそうでしょうか?

この記事の内容

  • ブログのネタが切れる原因を解説
  • ブログ記事を書く前に理解した方が良い事
  • ブログのネタ切れになった時の解決法を10つ紹介

この記事では、上記内容を具体的に解説してきました。

本質的に大事なことは『読者の悩みを解決する記事』を書くことです。

もし、この記事でブログネタが見つかりやすくなったのであれば
それは『読者の悩みを解決する記事』をかけたことだと思うので嬉しいです。

では、すぐにでも記事を書いてほしいのですが

記事を書く際にセールスライティングを学んでから記事作成すると収益額が変わります。

僕はセールスライティングを学ばずに記事を作成していましたが
数記事書いたあとにセールスライティングを学びました。

学んだことを記事に反映させたその日から収益が上がりましたし
今まで一円も生んでいなかった記事で収益化を発生させることができました。

何で学んだか?それは、ある一冊の書籍から学びました。

その名も「ザ・ローンチ

かなり有益です。少しお値段はするのですが、報酬額1,000円の商品を4個売れば元が取れちゃいます。
ザ・ローンチ」を読んで勉強すれば価格の何倍もの収益を生むことができると思うので安いと思いますが。

注意点はメルカリだと公式サイトより2,000円~3,000円ほど高いです。

実はアマゾンも同じく高いので、もし気になる方は公式サイトで購入するのをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる