【PS4用】60FPS対応!ゲーミングモニターの選び方とおすすめモニターを紹介

【2021/5/3更新】

こんにちは、ちんたな(@chin_ta7)。です。

最近PUBGやフォートナイトのような
バトルロワイヤル(大人数で戦い、最後の1人になったら勝利のゲームジャンル)が大人気ですよね。

私も大人気タイトル「Apex Legends」にハマってまして
PS4をテレビに繋いで、いつも楽しくプレイしていました。

ただ、テレビではなくゲーミングモニターでプレイできればもっと楽しめるのかな?と思い
半年ほど前に1台のゲーミングモニターを購入しました。

それから、テレビでプレイしていた時よりも勝率が上がり、快適にゲームができています!

こういった悩みがありませんか?

悩み
  • テレビではなくゲーミングモニターでゲームをプレイしたい!
  • ゲーミングモニターの選び方を知りたい。
  • おすすめモニターを知りたい。

このような悩みをお持ちの方へ向けた記事を書いてみました。

きっと、この記事を読んでいるあなたも上記のような悩みをお持ちなのではないでしょうか?

この記事を見れば抱えている悩みも解決できると思います!

記事内容

  1. テレビではなくゲーミングモニターを選ぶ3つの理由
  2. ゲーミングモニターを選ぶ時に気をつけるポイントは7つ
  3. おすすめのゲーミングモニター5選

わかりやすく解説しているので参考にしてみてください。

目次

テレビではなくゲーミングモニターを選ぶ3つの理由

結論から言うと
テレビでゲームをプレイするよりゲーミングモニターでゲームをプレイした方が良いです。

ゲーミングモニターを選ぶメリットが多くあるのですが、特に重要な3つを説明します。

  1. 入力遅延&表示遅延が少ない
  2. 画面を明るくしてくれる機能がある
  3. テレビでプレイするよりゲーム画面の動きが滑らか

入力遅延&表示遅延が少ない

出典-I・O DATE-https://www.iodata.jp/product/lcd/info/displaydelay.htm

簡単に説明します。

ゲームのコントローラーボタンを押して
その入力が画面に反映される遅延の事を入力遅延と言います。

ゲーミングモニターは入力遅延がテレビに比べて少ないです。

テレビでゲームをプレイしたことがある方は
感じたことがあると思うのですが、ボタンを押したのに反応しなくて

ユーザー
「あれ?コントローラー壊れた?」
「ボタンを押したのに反応してくれない」
「ボタン押したのにー!

ってストレスを感じる場面ってありましたよね?

あの現象こそ、まさに入力遅延の差なんです。

ゲーミングモニターでプレイをしたら
入力遅延は全く無くなるのか?と言えばそんな事は無いです。

ですが、テレビでゲームをプレイしていた時より
入力遅延を感じる事は圧倒的に少なくなりました。

また、表示遅延に関しては
後ほど応答速度という項目にて説明をしますので
そちらで詳しく解説していきます。

画面を明るくしてくれる機能がある

ゲーム上の暗いシーンで

「暗くて画面がよく見えない」「敵がいたのに画面が暗くて気づかなかった

ってことがありませんでしたか?

ゲーム用に作られているテレビ製品は少ないと思いますが

ゲーミングモニターは
ゲーム専用に作られているので「暗くて画面がよく見えない!」ってならないように
暗いシーンでは画面を明るくして見やすくしてくれる機能があります。

モニターによっては機能名は様々ですが
最近のモニターは基本備わっている機能になるのでとてもプレイしやすくなっています。

テレビでプレイするよりゲーム画面の動きが滑らか

テレビでゲームをしていた時に感じていたのは

「ちょっとカクついているな」「なんか滑らかに動いていない」

なんて思ったことがありませんか?

私がゲーミングモニターを購入して
テレビとの違いを一番感じたのが「動きの滑らかさ」の違いでした。

今からモニターの選び方のポイントを説明しますが「リフレッシュレート」という
画面に表示できる回転数値がテレビとゲーミングモニターではかなりの違いがあり
ゲーミングモニターの方が滑らかな動きをしてくれます。

出典:【がちえぐい】FPSの違いをわかりやすく解説!!【フォートナイト】youtube.com/watch?v=-KA2OJUkQ7U

では、モニターを選ぶ上で大事なポイントを説明していきます。

ゲーミングモニターを選ぶ時に気をつけるポイントは7つ

  1. リフレッシュレート
  2. 応答速度
  3. パネルの種類
  4. 解像度
  5. モニターサイズ
  6. 接続端子
  7. スピーカーの有無

1つずつ細かく説明していきます。

リフレッシュレート

先ほども出てきた言葉ですが「リフレッシュレート」とは

1秒間に表示できる画面(コマ)の回数数値です。

単位はHz(ヘルツ)で 60Hz,75Hz,144Hzなどがあります。

この数値は高ければ高いほど画面が滑らかに動きます。

ただ、数値を高く出すためにはリフレッシュレートが高いモニターを
購入すれば良い訳ではありません。

フレームレートという数値が関係してきます。

フレームレートとは
出力側(ゲーム機など)が1秒間に更新できる画面(コマ)の回数数値です。

単位はFPS(エフピーエス) 

PS4はフレームレートが60FPSなので
モニターとしてはリフレッシュレートが60Hz出るモニターで十分です。

なので144Hzが出るモニターを購入してもPS4では最大60Hzしか出力出来ません。

ですので、PS4をメインでプレイするのであれば
60Hz,75Hzのゲーミングモニターを選んでみましょう。

応答速度

FPSゲームや、アクションゲームをプレイするのであれば
重要な項目になります。

応答速度とは、画面が更新される速度のことを指します。

単位はms 0.5ms,1ms,5msなど
この数値は数値が低ければ低いほど応答速度が速いです。

応答速度が遅いと画面上で動いているものが残像のように残ってしまいます。

これはFPSゲームをやる方にとっては致命傷になりますので
注意して選んでみてください。

基本的には5ms以下であれば問題ないと言われていますがFPSをメインで
プレイされている方は1ms以下を探すのがオススメです。

ゲーミングモニターではなく通常のモニターで
応答速度8msなどのモニターがあるのでしっかり確認してください。

さらに、メーカーによって応答速度の計測方法は異なりますので
平均値を確認する事をオススメします。

パネルの種類

パネルの種類は3種類あります。

  1. TNパネル
  2. IPSパネル
  3. VAパネル

それぞれメリットとデメリットがあるので説明していきます。

TNパネル

メリットは「応答速度が速い」「価格が安い」2点です。

TNパネルは応答速度が速いモデルが多いのが特徴です。

ゲーム大会で一番使用されているパネルがTNパネルになります。

価格が安いのもメリットでモニター初心者の方には特にオススメです。

デメリットとしては「視野角が狭い」ことです。

視野角が狭いので、モニターを正面から見るのであれば問題ないのですが
角度があるところからモニターを見ると画面が黄色く見えてしまいます。

大人数で映画やゲームを楽しむには不向きなパネルになります。

IPSパネル

メリットは「色の再現度が高い」「視野角が広い」2点です。

IPSパネルは3種類のパネルの中でも特に画面が綺麗なパネルです。

色の再現度が高いので、イラスト作業や動画編集作業など
クリエイティブな作業に向いているパネルになります。

さらにTNパネルでデメリットだった視野角ですが
IPSパネルは視野角が広いので大人数でゲームを楽しむには最適なパネルになります。

また、応答速度はTNパネルの方が速いのですが
最近ではTNパネルとそこまで変わりないほどの応答速度になっています。

デメリットとしては「価格が高い」点です。

ですが3種類のパネルの中で特に画面が綺麗なパネルになりますので
綺麗な画面でゲームをプレイしたい!って方であればオススメのパネルです。

VAパネル

VAパネルのメリットは「黒色の表現が得意」「価格が安い」2点です。

色の再現度が高いと言われているIPSも
黒色の見え方であればVAパネルには勝てません。

IPSパネルはVAパネルに比べて画面が少し白っぽくなってしまいます。

VAパネルだとしっかりした黒色の表現ができるので
ダークファンタジー系のRPGゲームや映画等で
使用するモニターでは最適な種類になリます。

さらに、価格も安いので応答速度が速いTNパネルか
映画やRPGに強いVAパネルで迷うところです。

デメリットとしては、「応答速度が遅い」ので
FPSゲームやアクションゲームには不向きになります。

種類メリットデメリット
TNパネル応答速度が速い、価格が安い視野角が狭い
IPSパネル色の再現度が高い、視野角が広い価格が高い
VAパネル黒色の表現が高い、価格が安い応答速度が遅い
パネルまとめ

解像度

PS4の解像度は1920×1080ピクセルのフルHDになります。

基本的に最近のゲーミングモニターであれば
フルHD対応になっているモニターがほとんどなので
あまり気にすることではないのですが記載しておきます。

ちなみにPS4Proは4K対応となっています。
こちらはまた別の記事でオススメのモニターを紹介しようと思っています。

モニターサイズ

結論から言うとオススメは24.5インチになります。

使用する用途や設置する場所によって選ぶポイントが変わるのですが

大画面でゲームをプレイしたい!

映画もよく見るので大画面が欲しい!

という方は27インチ、32インチのモニターをおすすめします。

ですが設置する場所によってはおすすめできません。

例えば、デスクに置いてモニターと近い位置でゲームをプレイするのであれば
サイズが大きいモニターだと視野が広くなるので目が疲れてしまったり
画面が大きすぎてゲームがうまくプレイできないなんて声も聞きます。

デスクに置いて近めにプレイするのであれば
ちょうどいいサイズ感の21.5インチ〜24.5インチのモニターをオススメします。

FPSゲームの大会やプロが使用しているモニターサイズで
一番多く使用されているのが24インチのモニターになりますので
そういった点から見てもおすすめできます。

モニターサイズは使用する環境や用途によって選びましょう。

接続端子

特に注意しなきゃいけないのがHDMI端子が何個付いているか?になります。

PS4をメインでプレイする!
って方はHDMIの入力端子が1つあれば問題ないかと思います。

ですが、ニンテンドースイッチもゲーミングモニターでプレイしたい。という方には
HDMI端子が2つ付いているモニターをオススメします。

毎回ゲーム機に刺さってるHDMIケーブルを抜き差しするのは面倒ではないでしょうか?

端子が2つ付いているのであれば
ボタン一つで切り替えが簡単にできるモニターもありますので
自分の環境に合わせて探すのがいいでしょう。

また、ディスプレイポート端子がついていればPCにも繋げて使用できます。

スピーカーの有無

みなさん、ゲーミングモニターにスピーカーがついていると思っていませんか?

私も最初はスピーカーが付いているもんだと思っていました。

ですが、実際はスピーカが付いていないモニターって結構多いです。

せっかく購入したのに音が出ない。

なんてレビューはしょっちゅう見ます笑

音が聞こえないゲームは全く楽しめないと思いますので
選ぶ際はスピーカーの有無を確認してみてください。

ただし、スピーカーが付いているモニターですが
音自体はあまり良い音質とは言えません。

スピーカー無しのモニターを購入して、別でスピーカーを接続するだったり
ゲーミングイヤホンやゲーミングヘッドフォンを購入して使用している方が多い印象です。

おすすめのゲーミングモニター

ゲーミングモニターの選び方がわかったところで

結局、どれがおすすめなの?

選ぶポイントが多くて悩む。

って方は
私が購入するか悩んでいたおすすめのゲーミングモニターを紹介していきます。

【ASUS】VP248HE

1msの応答速度でゲームがプレイでき、動画の視聴等に最適なモニターです。

リフレッシュレートもPS4で十分対応している75Hzなので問題ありません。

さらに、スムーズにゲームがプレイできる機能として
Adaptive-Syncテクノロジーを搭載しており
表示の乱れや遅延を抑えてくれて、高速で滑らかにゲームを楽しめます。

メーカー品番
ASUSTekVP248HE
価格12000円前後
チェック項目
リフレッシュレート75Hz
応答速度1ms
パネルの種類TNパネル
解像度フルHD
モニターサイズ24インチ
接続端子HDMI x1
接続端子D-sub 15ピンx1
接続端子3.5mmステレオミニジャック
スピーカーの有無1.5W+1.5W

【Acer】KG251QGbmiix

ゲームに特化した機能満載のゲーミングモニターです。

ゲームの遅延を防ぐAMD FreeSyncテクノロジー
黒を強調して視認性を高める機能としてブラック・ブースト機能
ゲームジャンルによって8つのモードを変更でき
目に優しいフリッカーレステクノロジーも搭載

リフレッシュレート、応答速度もあるので
家庭用ゲーム機で遊ぶならこれで決まり。ってくらい良いモニターです。

メーカー品番
日本エイサーKG251QGbmiix
価格15,000円前後
チェック項目
リフレッシュレート75Hz
応答速度0.7ms
パネルの種類TNパネル
解像度フルHD
モニターサイズ24.5インチ
接続端子HDMI 1.4×2
接続端子D-sub 15ピンx1
接続端子3.5mmステレオミニジャック
スピーカーの有無2W+2W

【I-O DATA】EX-LDGC252STB

高速リフレシュレート144Hz対応の23.6インチのワイドディスプレイモニターです。

1秒間に144回映像を更新するので
先ほど紹介していた75Hzのモニターより滑らかな映像を表示できます。

応答速度0.6msでFPSゲームなどが動きが激しいゲームにも対応。

さらに、高さの調節もできるので自分のちょうど良い高さでプレイができます。

また、スペックが高いので少し値段が高いですが
家庭用ゲーム機だけではなくPCゲームにも対応しているモニターとなっております。

私が購入したモニターはこちらになります。

メーカー品番
アイ・オー・データEX-LDGC252STB
価格17,500円前後
チェック項目
リフレッシュレート75Hz
応答速度0.6ms
パネルの種類TNパネル
解像度フルHD
モニターサイズ24.5インチ
接続端子HDMI x2
接続端子DisplayPort x1
接続端子アナログRGB x1
接続端子3.5mmステレオミニジャック
スピーカーの有無2W+2W

【BenQ】XL2411P

24インチ、フルHDゲーミングモニターです。

リフレッシュレート144Hz対応で応答速度1ms
ゲームの暗い場面の視認性を良くするBlack eQualizer機能搭載
目の負担を軽減してくれるブルーライト軽減モードや
フリッカーフリー搭載で長時間のプレイにも優しいモニターとなっております。

メーカー品番
BenQXL2411P
価格24,000円前後
チェック項目
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms
パネルの種類TNパネル
解像度フルHD
モニターサイズ24.5インチ
接続端子HDMI x1
接続端子DVI-D x1
接続端子DisplayPort x1
接続端子3.5mmステレオミニジャック
スピーカーの有無なし

予算がある方は
【ASUS】VP248HEか【Acer】KG251QGbmiixが良いと思います。

【Acer】KG251QGbmiixはHDMI端子が2個ついてるのでスイッチと併用も可能です。

さらに予算がある方は
【I-O DATA】EX-LDGC252STBか【BenQ】XL2411Pがおすすめ。

特に私が購入した【I-O DATA】EX-LDGC252STBは144Hz対応で
応答速度0.6msでスピーカー搭載。
1万円後半にはなりますがコストパフォーマンスはかなりいいと思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると

  1. PS4はフレームレートが60FPSなのでリフレッシュレートは60Hz以上必要
  2. 応答速度は早ければ早いほど良い
    最低でも5ms以下でFPSゲームをやるなら1ms以下がおすすめ
  3. パネルは3種類
    FPSゲームをプレイしたいなら「TNパネル」
    画像が綺麗で、大人数でゲームをプレイしたいなら「IPSパネル」
    映画をみたり、RPGゲームをするのであれば「VAパネル」
  4. PS4ならそこまで解像度は気にしなくても大丈夫
    PS4 Proなら4K対応モニターにすべし
  5. オススメのモニターサイズは24.5インチ
  6. HDMI端子は2個ありがオススメ
  7. スピーカーは付いててもそんなに音質が良くないので別で用意するのがおすすめ

以上です。

自分の環境に合わせて選んでみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる