ブログ記事の「ネタ切れ」原因と解決策10選 >>>

【Logicool『G512』レビュー】リニアキーは打鍵感最高のキーボード

こんにちは、ちんたな(chin_ta7)です。

今回レビューするのは
Logicoolのゲーミングキーボード『G512』リニアのレビューです。

数か月前に購入し、使用していましたが
ゲームだけではなく仕事にもおすすめできるキーボードでしたので
特徴や使用感などをわかりやすく解説していきます。

もしかしたら、この記事を読んでいる方はこんな悩みをお持ちではないでしょうか?

悩み人

Logicool G512について詳しく知りたい
・Logicool G512のリニアキースイッチの使用感が知りたい

もし、このような悩みをお持ちの方は
この記事を読めばきっと解決できますので是非読んでみてください。

この記事でわかること

  • Logicool G512の特徴やスペックをくわしく解説。
  • Logicool G512の使用感を紹介
目次

Logicool『G512』の特徴

Logicool G512の特徴をまとめてみました。

Logicool『G512』の特徴
  • 本体価格は12,000円前後
  • キーの軸は3種類から選べる
  • アルミ合金を使用していて高級感がある
  • チルトスタンド付きで滑らない
  • USBパススルーが便利
  • 打鍵耐久7000万回をクリアしている
  • 保証期間が2年間もある
  • キーが大きくてタイピングしやすい
  • フローティングデザインなのでかっこいい
  • キーの間にゴミがたまりやすい
  • 専用ソフトウェアでいろいろカスタム可能
  • ゲームにも仕事にも使用できる万能キーボード

さらに詳しく解説していきます。

Logicool『G512』3種類の軸について

https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/innovation/mechanical-switches.html

Logicool G512は3タイプ、異なる種類の軸があります。

3種類の軸の特徴を簡単に説明
  • リニア➡赤軸風
    打鍵音は小さく『スコスコ』と鳴るキータイプで
    3種類の中では1番静音で人気のタイプ。
  • タクタイル➡茶軸風
    打鍵音はリニアとクリッキーの中間音で『カタカタ』と鳴るキータイプで
    バランスが良く、1番スタンダードなタイプ。
  • クリッキー➡青軸風
    打鍵音は大きく『カチカチ』と鳴るキータイプ
    キー音はボイスチャットに入る可能性もあるくらい音は大きいが
    打鍵感は一番良い。クセになったらやめれない人もいるほど

打鍵音が視聴できる公式ページ

見た目は変わらないので、購入時には自分に合った軸の種類を購入してください。

では、さらに詳しく解説していきます。

Logicool『G512』のスペック

Logicool『G512』の主要スペックをまとめてみました。

スペック表

言語日本語(アルファベットのみ刻印)
キーレイアウト108キー日本語レイアウト
スイッチ構造メカニカル方式
タクタイル
リニア
クリッキー
キーピッチ(mm)19
キーストローク(mm)4.0 mm
アクチュエーション
ポイント
タクタイル:1.9 mm
リニア:1.9 mm
クリッキー:2.0 mm
押下圧(g)タクタイル:50 g
リニア:50 g
クリッキー:50 g
スイッチ寿命7,000万回の打鍵
プログラム可能キーGキー数 : 12
ゲームモードキー対応
メディアコントロール一体型Fキー
アンチゴースト全キー○
同時押し最大 26
バックライトLIGHTSYNC RGB
ソフトウェアLogicool G HUB
接続I/FUSB 2.0ワイヤード
USBパススルー付
本体サイズ(L×W×H)445 x132 x34 mm
本体重量1,130g
カラーCarbon
ケーブル長1.8m

細かい詳細は公式サイトで確認ください。

Logicool『G512』の付属品・デザイン

Logicool『G512』リニアの付属品・デザインについて解説していきます。

付属品
  • Logicool『G512』本体
  • 取扱説明書類
  • 保証書
  • ステッカー

本体と取扱説明書類のみで特に付属品はありません。

Logicool『G512』のパッケージ

▼表面▼

▼裏面▼

表面の右上には対象の軸の種類がちゃんと記載されているので
店頭で購入する方はしっかりと確認が必要です。

側面にはしっかりと仕様が記載されているのもうれしいですね。

Logicool『G512』本体


ボディは航空機に使用しているグレードの超強度かつ高耐久5052「アルミ合金」を使用。
しっかりとした重量もあるので、キーボードが滑る心配は無用です。

見た目は高級感あふれてるキーボードで触った感触は少しザラっとした感じで
メッキ加工、つや消しになっており、指紋が付きづらいので安心です。

Logicool『G512』裏面


横開きのチルトスタンド付きで前に押しても倒れないですし
裏面には6つも滑り止めも付いています。

タイピング時にキーボードがズレないのはうれしいですね。

Logicool『G512』側面

▼スタンド無▼

▼スタンド有▼

タイピングしやすいようにキーの列毎に若干斜めになるように設計されています。

Logicool『G512』のケーブル

長さが1.8mあるので十分なのですが
ケーブルが太くて固いのが特徴です。

また、ケーブルの先にはUSB端子が二股になっています。

これはUSBパススルーを使用する為であり
USBパススルー機能を使用するのであればPCのUSBポートを2つ使用します。

Logicool『G512』USB充電ポート

Logicool『G512』はUSBパススルー搭載のキーボードで
ヘッドホンやマウスのBluetoothレシーバー、スマートフォンの充電など便利に使えます。

私は、同じLogicool製品のマウス『G703h』を使用しています。

また、USBパススルーを使用することでデスクがスッキリするのもメリットの一つです。

もし、PCのUSBポートに余裕があるのであれば使用してみてください。

とても便利ですよ。

さらにデスク上をスッキリさせたいならモニターアームもおすすめです

Logicool『G512』保証が2年

購入日から2年間の保証期間があるのはうれしいですよね。

G512は打鍵耐久7000万回をクリアしているキーボードなので頑丈な製品ですが
万が一故障しても保証してくれるので安心です。

Logicool『G512』キー

キー自体大きくてタイピングしやすいのが特徴です。

キーが大きいとゲームもしやすいのでうれしい要素ですね。

若干ですがキーの真ん中がへこんでいる作りなので指もフィットしてタイピングできます。

そしてキーが浮いているフローティングデザインなので
掃除はしやすいです。

ただし、浮いている分はゴミがたまりやすいです。

一長一短ですね。

私は定期的にエアダスターでゴミを飛ばしています。

いろんな機器に使用できるのでとても便利ですよ。

Logicool『G512』リニアの打鍵感

私が使用しているのはG512リニアキーのキーボードになります。

リニアキーは
打鍵音が静かで、反応速度が速いのが特徴です。

打鍵音は『スコスコ』とカラっとした音が鳴り
仕事でもつかえる静音さなのでストレスは感じません。

打鍵音に関して購入前に気になったので家電量販店で試し打ちしに行きましたが
実はLogicoolの公式サイトで視聴できたみたいです。

G512はリニアキーの他に『タクタイル』と『クリッキー』があるので
打鍵音が気になる方は公式サイトで確認してみてください。


また、反応速度が速いのでFPSゲームでは有利です。

ゲームで少しでもうまくなりたい!って方にもおすすめです。

Logicool G512のソフトウェア『G HUB』

『G512』はLogicool専用のソフトウェア『G HUB』に対応しています。

G HUBでできる設定
  • キーを約1680万色の中から好きな色、好きな光り方を選んで設定できる
  • キー毎にコマンドを割り当てられる。
  • ゲームモードでは押したくないキーを無効化できる。
  • ゲーム毎にプロファイル設定できる。

LEGTSYNC

LIGHTSYNCでは、約1680万色のなかから好きな色を選んで光らせることが可能です。

また、光り方も数種類あるので、自分好みの光り方を選べます。

個別に好きなキーだけの色を変えることも可能です。

私の場合はFPSゲームをやるのでWASDのキーだけを赤でわかりやすく設定しています。

ただ、白色には光らせることはできないみたいです。

約1680万色もあるので白色ももちろんあると思いましたが、そこは残念な点ですね。

キー毎の割り当て

好きなキーに好きなコマンドを割り当てることができます。

使い方によっては記事の執筆や作業がはかどります。

私はデフォルトのままで十分使いやすいので設定はしていません。

ゲームモードでキーを無効化

ゲームモードでは、Windowsキーなどの一部のキーを無効化できます。

私は経験があるのですがゲーム中に間違えてWindowsキーを押してしまい
Windowsタブが出てしまい、萎えたことがあります。

ゲーム中に押したくないキーを無効化できるのは
ゲーマーにとってはうれしい機能です。

Logicool G512を実際に使用してみた

実際に仕事やゲームでLogicool G512を使用してみたので
使用して良かった点・悪かった点をまとめてみました。

G512の使用感
  • キーが大きいのでタイピングしやすい
  • リニアキーの打鍵音は静か
  • 反応速度が速いのでゲームで有利
  • ゲームモードでキーを無効化できるのが良い
  • キーがLEDで光っててテンション上がる
  • USBパススルーが便利
  • フローティングデザインでかっこいいけどゴミがたまりやすい
  • LEDが白く光らないのは残念

良かった点を青色で悪かった点を赤色でまとめてみました。

結論、ゲームをやるなら文句なしのゲーミングキーボードです。

仕事でも十分に使用できるキーボードだと感じました。

ゴミがたまりやすいけどかっこいいデザインなので私は気に入って使用しています。

ゲーム音が向上する『ミックスアンプ』も紹介しています。

また、他の方のレビュー記事も見ましたが
リストレストを使用してもいいと言っている方もいましたので
おすすめのリストレスト紹介しておきます

Logicool G512のまとめ

Logicool G512のまとめ
  • 本体価格は12,000円前後
  • キーの軸は3種類から選べる
  • アルミ合金を使用していて高級感がある
  • チルトスタンド付きで滑らない
  • USBパススルーが便利
  • 打鍵耐久7000万回をクリアしている
  • 保証期間が2年間もある
  • キーが大きくてタイピングしやすい
  • フローティングデザインなのでかっこいい
  • キーの間にゴミがたまりやすい
  • 専用ソフトウェアでいろいろカスタム可能
  • ゲームにも仕事にも使用できる万能キーボード

Logicool G512は
『ゲームだけではなく仕事でもつかえる万能ゲーミングキーボード』でした。

12,000円で仕事もゲームもできるならコスパ的にもいいですね。

15,000円以下でゲーミングキーボードを探している方にはぴったりだと思います。

同じLogicool製品のゲーミングマウス『G703h』もおすすめ

おすすめのマウスパッド大きくて使いやすいのでセットで買うのもあり

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる