【Logicool G703h/レビュー】エイムが向上しAPEXで勝てるマウス

こんにちは、ちんたな(@chin_ta7)です。

アマゾンのゲーミングマウスランキングでも常に上位のマウスで
有名なプロゲーマーも愛用している
Logicoolのゲーミングマウス「G703h」(G703 HERO)のレビューをしていきます。

数か月前に購入したので
特徴・使用感などをわかりやすく解説していきます。

もしかしたら、この記事を読んでいる方はこんな悩みをお持ちではないでしょうか?

悩み人

・Logicool G703hについて詳しく知りたい。
・Logicool G703hの使用感は?
・FPSゲームのエイムがうまくなりたい。
・ApexLegendsでのキルレを上げたい。

もし、このような悩みをお持ちであれば

この記事の内容はあなたのお悩みを解決できる記事になっています。

是非読んでみてください。

この記事でわかること

記事の内容
  • Logicool G703hの特徴やスペック
  • Logicool G703hの使用感
  • Logicool G703hを愛用しているプロゲーマー
目次

Logicool G703hの特徴

Logicool G703hの特徴をまとめてみました。

特徴
  1. 本体価格は約8,0000円前後
  2. 保証期間は2年間もある
  3. バッテリー駆動時間は最長で60時間
  4. GHUBでLEDを光らせたり、DPIをいじれる
  5. 握りやすくて、サイドボタンが押しやすい
  6. 無線なのに遅延は感じない
  7. プロやストリーマも使用している人気マウス

さらに詳しく解説していきます。

スペック

Logicool G703hの主要スペックをまとめてみました。

スペック
サイズ長さ:124mm 幅:68mm 高さ:43mm
本体重量95g ※ウェイトで105gに調整可能
センサーHERO 25K
解像度100~25,600dpi
レポートレート125/250/500/1000 Hz
接続方法無線(LIGHTSPEEDワイヤレス)
ボタンの数

よく比較されるGROワイヤレスと比較すると本体重量は若干重いですが
G703hは価格の割にかなり高性能と言えるでしょう。

細かい詳細は公式サイトを確認ください

付属品・デザイン

Logicool G703hのデザイン、付属品について解説していきます。

付属品
  1. Logicool G703h本体
  2. 糸巻式ケーブル
  3. LIGHTSPEED™ワイヤレスレシーバー&延長アダプタ
  4. 10gのウェイト
  5. 取扱説明書、保証書、シール

Logicool G703hパッケージ

パッケージはロジクールのおなじみデザインです。

表面にはマウスが目立って印刷され、裏には説明が記載されています。

Logicool G703h本体

前面

左側面

右側面

湾曲していて、とても握りやすいのが特徴です。

また、握りやすい理由の一つが左側面はくぼみがあるので親指が収まりやすく
右側面にかけて緩やかな勾配がマウスを包むような握りになるので
安定感を生んでくれます。

左クリック部分が若干高いのもクリックしやすくて高印象です。

左側面にある、大き目のサイドボタンが2つ踏査しており
とても押しやすいのも特徴の一つです。

ホイールは若干固めで軽くないちょうどいい固さとなっています。

個人的には軽いと誤認されるケースもあったので固い方が好きです。

Logicool G703hの裏面

裏面はこのようになっています。

Logicoolのロゴ部分が開くようになっていて
付属品の10gウェイトを入れれば重さを調整できます。

ウェイトは10gですが私は付けずに使用しています。

個人的には軽ければ軽い方が扱いやすいですからね。

ただ、人によっては重い方がエイムが安定するという方もいます。

ウェイトはマグネットですぐ外せるので
一度付けて、試してみるのをお勧めします。

Logicool G703h糸巻式ケーブル

ケーブルは糸巻式でマウス本体に接続するMicroBは三又式なので
マウス本体としっかりと接続できます。

ケーブル接続時

長さは1.8mもあるので十分ですが
有線接続をしながら使用する場合はケーブルが長く感じると思いますので
マウスバンジーを使用することをおすすめします。

Logicool G703h ワイヤレスレシーバー&延長アダプタ

レシーバーは内蔵型ではなく、とても小さいのでなくさないように注意しましょう。

私はレシーバーをLogicool G512に接続して使用しています。

同じLogicool製品で統一すると互換性もあるので便利ですよね。

また、デスクトップPCが少し離れた場所に設置している場合は
レシーバーの延長アダプタを使用するのがおすすめ。

Logicool G703hは保証が二年間ある

Logicool製品を購入してから2年間の間に故障した場合
新品を無償で送ってくれたりとLogicoolは手厚いサービスが有名です。

なのでG703hに何かあっても2年間の無償保証がついていますので安心して下さい。

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間
  • ライティングなしの状態で最長60時間
  • デフォルトのライティング設定で最長35時間

仮に毎日2時間ゲームをプレイしたとして

ライティングなしの場合では一か月もバッテリーが持ちます。

ライティングありの場合でも約3週間は充電しないで
持つので、すごいバッテリー性能ですよね。

Logicool G703hはPOWERPLAY対応

https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-mouse-pads/powerplay-wireless-charging.943-000112.html

ただ、もっとゲームをプレイする人や在宅で仕事されている方は
長時間使用することが予想されます。

ただ、G703hPOWERPLAYワイヤレス充電に対応しています。

別売りではありますが、G-PMP-001を使用すれば
ワイヤレスのまま充電してくれるのでとても便利なマウスパッドです。

ただ、18,000円前後と高額なのと売り切れになるほど人気なので
気になる人はお早めにお買い求めください。

ソフトウェア「G HUB」

Logicool G703hはLogicool専用ソフトウェア『G HUB』に対応しています。

G HUBでできる設定
  • ロゴ部分とホイール部分のLED変更
  • 各ボタンのカスタマイズ
  • DPI速度の変更
  • レポートレートの設定
  • 細かいプロファイル設定


ホイール下のボタンでDPIを手軽に変更できますが「G HUB」でも細かく変更できます

さらにサイドボタンはデフォルトで戻ると進むが設定されていますが
割り当て次第であなたの好きなコマンドに変更できます。

コピー&ペーストを設定すると作業が楽になりますよね。

また、プロファイル設定ではゲームごとに設定を変えれたりするので
好きなゲームを起動しただけでそのゲームの設定を自動で検出して設定してくれます。

「G HUB」内では有名ゲーマーの設定が共有されてたりするので
真似してみたりなど、いろんなことができるソフトウェアが「G HUB」です。

ゲーマーにとって使い勝手のいいソフトウェアは最大の味方ですね。

Logicool G703hをApexで使用してみた

大人気FPSゲーム「Apex Legends」で
Logicool G703hを使用して実際にプレイしてみました。

結論から言いますが
Logicool G703hはとても使いやすいゲーミングマウスです。

使用した感想
  • 握りやすいのでエイムがしやすい
  • サイドボタンが大きいので、押しやすい
  • ホイールが若干固めなので回しやすい
  • 無線で使用したが遅延は全く感じない

人口工学に基づいた右手専用エルゴノミクス形状なので超フィットします。

特に、購入を決意したといっても過言じゃない点として
サイドボタンの押しやすさは最高です。

G703hを購入する前に
店頭でいろんなマウスを触りましたが
数あるゲーミングマウスの中で一番押しやすいと感じました。

それは使用してさらに押しやすいと感じたので
FPSをメインにやる方にとってサイドボタンの有り無しは重要ですし
さらに押しやすいとなると使いやすさ抜群なのでとてもおすすめです。

ホイールもコリコリしていて回しやすいですし
無線なのに遅延は全く感じませんでした。

もしかすると、他のゲーミングマウスと比べて
少しだけ重さが気になる人もいるかもしれません。

私の場合はウェイトを付けていない状態で使用していますが
重さを感じたことは一切ありません。

マウスの滑り具合ですが
私のマウスパッドは同じLogicool製品のG640rを使用していて
G703hを使用した際の滑りは悪くないと感じました。

ですが、もっと滑りを出したいという人はパワーサポートの使用をおすすめします

これを使えば滑りが良くなってエイムがさらに向上するはずです。

プロでも使用している人は多いみたいですよ。

細かいですが、こういうのにも頼ればエイムは上達します。

キルレを上げたいならゲーム音も強化

Logicool G703hを使用しているゲーマー・ストリーマー

これだけ良いマウスなのでプロゲーマーやストリーマーのみなさんも愛用しているみたいです。

わかる範囲でまとめてみました。

G703hを使用しているゲーマー・ストリーマー

最終更新日2021/4/13の情報

こんなにも有名な人たちが愛用しているので間違いないですね。

まとめ

まとめ
  • 本体価格は約8,0000円前後
  • 保証期間は2年間もある
  • バッテリー駆動時間は最長で60時間
  • GHUBでLEDを光らせたり、DPIをいじれる
  • 握りやすくて、サイドボタンが押しやすい
  • 無線なのに遅延は感じない
  • プロやストリーマも使用している人気マウス

プロゲーマーやストリーマーが使用していて
アマゾンでも大人気の理由がわかりました。

使用して感じたことは
「評判通りのとても使いやすいゲーミングマウス」でした。

特に悪いところが見当たらないのでこの価格帯でこの性能は驚きです。

5000円~10,000円以下でゲーミングマウスを探している人であれば是非おすすめしたいです。

おすすめのマウスパッド

ゲーミングヘッドセットを探している人

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる