【ラブリコ】で本棚付『パソコンデスク』をDIY

こんにちは、ちんたな(@chin_ta7)です。

こんな悩みをお持ちではないですか?

悩み
  1. パソコンデスクをDIYで自作したい。
  2. パソコンデスクの作り方を知りたい。

今も猛威を振るうコロナ禍の影響により
在宅で仕事をする方が増えているのではないでしょうか?

私もその1人です。

まさかこんな状況になると思っていませんでしたので
デスクワークをするにも
家にそのデスクが無い状況で在宅ワークをこなしていました。

狭くて低いテーブルで作業していましたが
作業効率が悪いと感じ、パソコンデスクの購入を検討するようになりました。

設置したいスペースに合うサイズの商品を店頭やネットで探しましたが
自分にあうパソコンデスクに出会えず。

無いのであれば自分で作ってみよう!と思い
DIYでパソコンデスクを自作してみました。

記事内容

  1. パソコンデスクをDIYで作るメリットとデメリット
  2. パソコンデスクの作り方の解説
  3. 6ヶ月間使用して良かった点と悪かった点

をできるだけ簡単にまとめてみましたので、良かったら読んでみてください。
少しでも役には立つと思います。

作成にかかった時間は約6時間でした。

私は多少DIYに慣れていますので
初めてDIYをする人でも1日あれば十分に作れると思います。

あくまで、私の作り方ですので
参考程度に読んでいただければ幸いです。

まずは自作したパソコンデスクをご覧ください。(汚くてすいません。)

見てもらうとわかる通り
パソコンデスクと本棚が合体しているパソコンデスクです。

元々、設置したスペースには漫画棚があり
パソコンデスクを設置すると漫画棚の行き先が無くなってしまう為
合体させて作ってみました。

あまり無い形だと思うのですが
実際使用してみるとすごく使いやすいです。

また、前提条件として
私の家は賃貸なので壁に穴を開けたりは出来ません。

なので、DIYパーツ「ラブリコ」を使用してパソコンデスクを自作しております。

目次

パソコンデスクをDIYで作るメリットとデメリット

では早速パソコンデスクをDIYするメリットとデメリットを紹介します。

まず結論から言うと、パソコンデスクをDIYで作るのはおすすめです。

メリット

  1. 自分好みのパソコンデスクが手に入る
  2. 簡易的な物であれば市販の物より安く済む
自分好みのパソコンデスクが手に入る

好きなサイズ、好きな色や素材で作成できるので
自分の環境に合わせて自作できます。

簡易的な物であれば市販の物より安く済む

天板に足4本であれば2000円くらいで済むと思います。
市販のパソコンデスクは
安くても4000円前後はするので作るものによっては安く済みます。

デメリット

  1. 資材を用意するのが大変
資材を用意するのが大変

ホームセンターで資材を購入しに行くので車で行くか
ホームセンターの軽トラックなどをレンタルして
自宅まで運びます。

私の場合、車を所持していませんでしたので
ホームセンターで軽トラックを借りて運びました

デメリットとして思いつくのはこれくらいです。

作り方の解説

では、簡単ではありますがパソコンデスクを自作する流れを解説していきます。

行う作業工程としては大きく分けて3工程あります。

  1. 設計
  2. 資材購入&組立準備
  3. 組立

順番に説明していきます。

設計

  1. どのようなパソコンデスクを作るか
  2. 設置場所を決める
  3. 寸法を測る
  4. 簡単な設計図を書く

で説明していきます。

どのようなパソコンデスクを作るか

  • 横幅が広いデスク
  • 奥行があるデスク
  • 身長が高いので高さを出したデスク

自分にあったパソコンデスクを
自作できるので自由に考えて大丈夫です。

私の場合は横幅と奥行きがあって、本を一緒に置ければ良いと考え
冒頭でも紹介しましたが「ラブリコ」というDIYパーツを使用し
本棚+パソコンデスクという理想のパソコンデスクを考えました。

設置場所を決める

家のどこに置くか?
設置し使用する前提で考えておいた方が良いです。

私の場合、在宅ワークがほとんどで
一日の大半を自作したデスクで作業する場所になるので

  • 日の入り方はどんな感じか?
  • テレビ会議の背景として大丈夫な場所か?
  • 本当に設置して邪魔にならないのか?
  • 嫁に最終確認とったりなどなど笑

色々考えました。

ちなみに私がパソコンデスクを設置したスペースはこちらです↓参考までに

寸法を測る

続いて、寸法を測っていきます。

まずは設置できるスペースが決まったかと思いますので
高さ、横幅、奥行の3つの寸法を測っていきます。

簡単な設計図を書く

私はDIYをする時に、紙に簡単なイメージを書きます。

こんな感じ

このように、自分しかわからないようなラフで大丈夫だと思います。
私の場合は、ラブリコで柱を3本作り
そこに本を置ける棚とパソコンデスクを設置しようと考えました。

デスク(天板):幅1600mm x 奥行600mm x 厚み25mm 1枚
脚:高さ800mmの角材 6本
本棚:幅1600mm x 奥行140mm x 厚み20mm 4枚
柱:2×4材 2420mm 3本

※ラブリコを使用する際は木材の長さを変更する必要がありますので注意です。
※上の2420mmラブリコを使用する前提のサイズになっています。
※2×4材の場合は天井からマイナス95mmの木材が必要

先ほど測った寸法を元に
ラフの設計図に購入する資材の情報を書いておくのをおすすめします。

こんな感じ

この段階はメモで大丈夫です。
イメージをさらに具体化して行くために
私の場合は、もう少し丁寧に設計図を書きます。

最終の設計図

少し見やすくなったのではないでしょうか?

資材購入&組立準備

寸法を測って、設計図を書いたら材料を買いに行きます。

資材購入

今回紹介しているパソコンデスクの必要な資材や工具はこちら↓

  1. 木材(天板、脚、棚、柱)
  2. ラブリコ
  3. 塗料
  4. 刷毛
  5. ネジ
  6. ドライバー(電動ドライバーがおすすめ)
  7. ヤスリ
  8. L字金具(棚を支える金具)
  9. 水平器

木材

先ほど測った寸法の木材を購入ました。

もちろん、測ったサイズ通りの木材は売っていませんので
少し大きめの木材を購入してホームセンターでカットしてもらっております。

カットは1カットだいたい10円前後ですが
ちゃんとした機械で切ってくれるので寸法は間違いありません。おすすめです。

ラブリコ

ラブリコは柱を立てるのに使います。

こんな感じ。(撮影している場所は違うけどイメージ)

類似品で「ディアウォール」というパーツもありますが
私は使い方も簡単なラブリコをおすすめします。

今までラブリコを使用して
テレビ台とキッチン台とハンガーラックをDIYしています!
ちゃんとした使い方をすれば倒れてくる心配はありませんのでご安心を。

塗料

最近は、すでに塗装されている木材もありますが
私は塗装されていないものを購入しました。

いつも自分で塗っているので今回もそうします。

ただ、いつも使用している塗料が売り切れていて
初めて「ワトコオイル」という塗料を購入してみました。

DIYの塗料では有名な塗料メーカーで
今回は少し暗めの色に仕上げたかったので
ワトコオイルのダークウォルナットという色を選びました。

刷毛

刷毛は普通の刷毛と塗る面積が広いスポンジタイプのコテを購入しました。

スポンジタイプの刷毛を初めて購入してみたのですが
広い面積の塗装をする場合は塗りやすく
作業効率もUPしますのでおすすめです。

ネジ

ネジはありもので代用できたので購入しませんでしたが
2~3種類の長さが違うネジを止める箇所によって使用しています。

例えば厚みがある部分は長めのネジを使用して
しっかり止めていく感じになります。

ドライバー

これは絶対おすすめなので
先に言いますが、電動ドライバーをおすすめします。

初めてDIYした時は普通のドライバーで頑張ったのですが
終わった後、腕が筋肉痛になりましたし、時間も相当かかりました。

電動ドライバーがあるだけでかなり時間効率が上がりますので
もし予算に余裕がある方は
電動ドライバーを購入して使用することをおすすめします。

ヤスリ

木材を研磨するのに使用します。

ヤスリには細かさを表す数字があり
高い数字は目が細かく、低い数字は目が荒いようになっております。

おすすめは荒いヤスリ→細かいヤスリの順番で研磨していく事です。

私は120番→240番→400番の順番で磨きました。

最終的な仕上がりが違うと思うのでぜひ試してください。

研磨時もサンダーという研磨する為の工具があればとても便利です。

ドライバーの時と同じですが、研磨も時間がかかるので
サンダーを使用して時間効率をあげるのがいいと思います。

L字金具

これは本の棚を支える金具になります。
今回自作したパソコンデスクは
漫画本+雑誌をおくので少し頑丈な金具を選びました。

水平器

実はかなり重要な水平器は必須工具です。
水平器がないと斜めになったデスクを作成してしまうことになるでしょう。
水平器はダイソーでも販売していますので購入することをおすすめします。

組立準備

資材を購入が済んだら
木材に塗料を塗りたいんですが
塗料を塗る前にまずは研磨作業をします。

研磨する前に、水に濡らしてしっかり絞った雑巾等で
木材を拭いてください。

木材の汚れを取ってあげましょう。

研磨もしやすくなるのでぜひ試してください。

また、先ほども説明しましたが
120番→240番→400番の目が違うヤスリで研磨するのをおすすめします。

研磨が終われば塗装に入ります。

今回購入したワトコオイルの塗り方ですが
ワトコオイルのHPにて詳しく解説されてますので参考にどうぞ。

組立

資材購入、組立準備(研磨と塗装)が済んだら最終段階です。

組立に入ります。

最初に書いた設計図を元に組立いきます。

今回、紹介しているパソコンデスクの組立順番になります。

  1. パソコンデスクの作成
  2. ラブリコを使用して柱を設置
  3. 柱とパソコンデスクを固定
  4. 本棚を設置

パソコンデスクの作成

天板に足を4本つけてパソコンデスクだけを作ります。
こんな感じ↓(画質悪くてすみません)

ラブリコを使用して柱を設置

柱にラブリコを装着し柱を立てていきます。

止める時はしっかり固定しましょう。

柱とパソコンデスクを固定

ラブリコで立てた柱にデスクの足を固定していきます。こんな感じ

本棚を設置

パソコンデスクを固定したら
本を乗せるための棚を固定していきます。

棚はネジで止めれないのでL字金具を使用して止めていきます。

その際に水平器を使用して、しっかり水平になっているかを
確認しながら組立ていきます。

そうして、完成したデスクがこちらになります。

6ヶ月間使用して良かった点と悪かった点

完成ご約6ヶ月が経ちました。

そこで、使用して良かった点と悪かった点をまとめました。

良かった点

  1. 自分好みに作成できたのでとても使いやすい
  2. 費用も安く済んだ

今も使用していますがとても使いやすいです。
横幅が広くて奥行きがあるデスクは作業が捗ります。

また、少し休みたいなと思ったら
上には大好きな漫画本があるのでついつい休んじゃいます。

悪かった点

  1. 本棚に埃が溜まって掃除が少し面倒
  2. 引っ越しするとなったら少し大変そうなのが不安

高い位置まで本棚を設置してしまったので
掃除をするのが面倒だと感じました。

使用した後に気づいた事で
設計から組立まではとても簡単でしたが
仮に引っ越しをするとなると解体に時間がかかるなと思います。

設計時にそこまで考えていなかった私が悪いんですが笑

かかった費用

天板:4,000円
柱:3本で1800円 1本600円
棚:4枚で1600円 1枚400円
脚:6本で1000円 1本165円ほど
ラブリコ:2つで1000円1 1つ1000円
ワトコオイル:1リットルで2800円
刷毛:300円 スポンジコテ100円
ヤスリ:数枚購入で500円
L字金具:12個で1800円 1つ150円
水平器:100円
計15,000円になります。

オイルが少し高かったのでこれくらいの金額になりました。

まとめ

  • パソコンデスクをDIYで作るのはおすすめ
  • メリットは自分好みのパソコンデスクを作れるし安く済む
  • デメリットは資材準備が少し手間
  • 作り方は3ステップ「設計」→「資材準備」→「組立」で完成
  • 本棚付パソコンデスクは15,000円あれば作成可能

以上です。

読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる